TASCAM CD-RW900mk2(新品)【送料無料】

CDレコーダー/プレーヤー

TASCAM CD-RW900mk2(新品)【送料無料】

メーカー希望小売価格:
オープン価格
価格:

39,800円 (税込)

購入数:
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

■店舗在庫あります!即納可能!!■


再生機としても活用できる豊富な再生機能を持った
自社製ドライブ搭載の業務用CDレコーダー/プレーヤー。


『CD-RW900MKII』は、TASCAM CD-RW900SL / CD-RW901SLの後継機となる業務用CDレコーダーです。
様々な業務用音響の現場でご活用いただいているCDレコーダーをトレイタイプのドライブとしてリニューアルいたしました。



業務用途に要求される様々な機能を備えるCDレコーダー部に加え再生機能も充実


音質を左右するAD/DA変換には、旭化成エレクトロニクス製AK4528VMを採用。
CDレコーダー部は様々な要求に応える豊富な機能を用意しました。また、ドライブは高耐久、高信頼性を誇る自社製オーディオ専用ドライブを搭載。
自社開発ならではの細かな対応が可能となるドライブは、専用に設計されたファームウェアにより、録音中のトラック更新において、パソコン用ドライブでは不可能な曲間なしの連続録音を実現しています。
また、業務用CDプレーヤーとしても活用できる豊富な再生機能、高いオーディオパフォーマンスも特長です。
オーディオ回路についても優れた性能を備え、周波数特性では20Hz〜20kHz +/-0.8dBというハイスペックを実現しています。


AD/DAには24ビット処理の旭化成エレクトロニクス製AK4528VMを採用
CDレコーダーにおいて重要なAD変換は、旭化成エレクトロニクス製のAK4528VMコーデックによって行われます。このコーデックは内部24ビット処理となっており、ワイドダイナミックレンジを実現するエンハンスト・デュアルビット方式を採用した高性能のオーディオコーデックです。


緻密なレベル調整を可能にする左右独立ボリュームとデジタルボリューム
業務用音響の現場では様々な状態の音声が入力されます。 『CD-RW900MKII』/『CD-RW901MKII』は左右チャンネルそれぞれ入力レベル調整が可能となっており、適正なレベルで録音を行うことが可能です。加えてADコンバーター後段にデジタルボリュームを備えているため、数値基準でのレベル調整を行うことも可能です。


様々な要求に応える多彩なトラック更新機能
録音中の作業を簡略化することのできる多彩なトラック更新機能を備えています。また、4秒間の無音時間を任意に挿入できるレックミュート機能を備えています。

オートトラックインクリメント
入力レベルが指定した値まで下がるとトラック更新が行われるレベル基準での更新のほか、デジタル入力信号のトラックを検出し自動更新するDDモードを選ぶことができます。レベル基準の場合は、動作レベルを-24〜-72dBで設定することができ、ライブレコーディングなどの用途で便利です。

タイムトラックインクリメント
指定した時間ごとに自動でトラック更新を行います。設定時間は1〜10分(1分毎)で設定できます。区切りが無い会議などの長時間録音に適しています。

マニュアルトラックインクリメント
手動でトラック更新を行います。RECORDキーを押すことで更新できます。


曲間のない連続録音が可能な専用ファームウェア搭載の自社製CDドライブ
本機のCDドライブにはチューニングされた専用ファームウェアが搭載されており、完全に曲間のない連続録音を行うことが可能です。一般的なパソコン用ドライブでCD-Rに連続録音を行う場合は、途中で曲番をつける際に、曲間にわずかなギャップが生じてしまいます。本機に搭載された専用ドライブではこの問題が解消されており、業務用途のライブ録音に最適です。


業務用プレーヤーに必要な再生機能を網羅
再生専用機に匹敵する豊富な再生機能を備えています。オートキュー、オートレディ機能をはじめ、ピッチ/キーコントロール再生、パワーオンプレイ、A-B間リピートを含むリピート再生機能などを備え、録音する機会の少ない環境においても、再生機として安心してご導入いただく事が可能です。 また、PS/2キーボード端子に一般的なパソコン用キーボード(別売)を接続すれば、キーボード経由でのトランスポート操作を行うことも可能です。


高い信頼性を提供するトレイタイプの自社製CDドライブ
CDドライブは、自社製のCDドライブを本機専用にチューニングして搭載。また、偏心したディスクに対応できるトレイタイプドライブを採用しています。細やかな対応が可能な自社製ドライブと相まって、高い信頼性を提供します。


振動などによる音飛びを回避するショックプルーフメモリーを搭載
振動などによる音飛びを回避するショックプルーフ機能を搭載。4秒以内の振動であれば本体メモリーに蓄積したデータを再生するため音切れすることがなくなり、事故を回避できます。


環境に合わせた接続を可能にする豊富な入出力端子群
様々な環境に対応できるよう、アナログRCA、COAXIAL(同軸デジタル)、OPTICAL(光デジタル)の入出力端子を備えています。出力はパラレル出力されるため、『CD-RW900MKII』/『CD-RW901MKII』の後段には複数の機器を接続することができます。


機能一覧
24ビット処理のオーディオコーデック(AD/DA)旭化成エレクトロニクス製AK4528VMを搭載
左右独立した録音レベル調整を可能にするL/R独立INPUTつまみを装備
CD-R、CD-R-DAおよびCD-RWメディアへの記録が可能
High Speed CD-RWメディア対応
CD-DA(オーディオCD)だけでなく、MP3ファイル(データCD)の再生が可能
高品質自社製オーディオ専用CD-R/RWドライブを採用
レーザーの出力をディスクに合わせて最適化するOPC(Optimum Power Control)機能
フェードイン/フェードアウト録音機能(1〜30秒、1秒ステップ、デジタル処理)
入力音を感知して自動的に録音を開始するシンク録音機能(-24dB〜-72dB、6dBステップ)
録音レベル調整のデジタルボリュームを搭載(-∞、-54.0dB〜 18.0dB)
設定された条件を満たした場合に自動でトラック更新を行うオートトラック機能
手動でトラック更新を行うマニュアルトラック更新機能
指定した時間ごとにトラックを自動更新するタイムトラックインクリメント機能
無音部分を作成(録音)できるレックミュート機能
最大録音トラック数の指定が可能(回数満了後は自動停止)
指定したトラックやディスクのイレース機能(CD-RWのみ)
4種類の再生モード(連続再生、シャッフル再生、プログラム再生、シングル再生)
リピート再生機能(全曲/シングル/プログラム/ランダム/A-B間)
トラックの音の立ち上がりをサーチして一時停止するオートキュー機能
トラックの再生後に次のトラックの頭で一時停止するオートレディ機能
+/-16%のピッチコントロール再生機能 (0.1%ステップ、CD-DAのみ)
キーコントロール再生機能(+/-6半音、半音ステップ、オーディオCDのみ)
キーコントロール機能とピッチコントロール機能の併用でスピードのみ変更が可能
電源投入で自動的に再生するパワーオンプレイ機能
ファイナライズ後のディスクに再び録音できるアンファイナライズ機能(CD-RWのみ)
トラック経過時間、トラック残時間、ディスク残時間を切り換えて表示が可能(オーディオCD)
CDテキストの表示と編集が可能
PS/2キーボード(別売)によるコントロールやタイトル入力が可能
デジタル入力にサンプリングレートコンバーター搭載(32kHz〜48kHz対応)
RCAアナログアンバランス入出力
COAXIAL デジタル入出力(IEC60958-3:S/PDIF)
OPTICAL デジタル入出力(IEC60958-3:S/PDIF)
数字ボタンを装備したワイヤレスリモコンを付属(CD-RW900MKIIのみ)
一部の操作を除きリモコン操作を無効にする設定が可能(CD-RW900MKIIのみ)
20mW/chの標準ホンジャックヘッドホン出力端子
3Pインレットタイプの電源ケーブル装備
2U、EIAラックマウントサイズ
RoHS対応製品